社宅管理代行は比較でチョイス<運用ノウハウTECH>

サラリーマン

社宅管理を任せよう

building

最近になって社宅管理代行業の分野は急成長を遂げています。それは業界に参入する業者が増えた事と同義です。激増した選択肢を狭めるのに役立つのが比較サイトです。値段情報まで容易に比較できるため、業者のサービスの価格を下落させる効果も与えています。

Read More

サポート能力で判断

building

社宅管理代行の比較において重要な部分に、相談しようとしている相手がどれぐらい自社に対してサポートを提供してくれるか、という点です。自社にとってちょうどよいサポートに調整できるかどうかと合わせて、注目したい部分です。

Read More

リスク回避

building

企業における社宅の有無は企業で働く社員へのサービスに大きく関わってきます。社宅を持っている企業はある程度社会的地位もあり、それなりの評価がされます。そのため社員にとってもありがたいことで、企業側にとってもメリットが多くあります。しかしその一方で社宅を運用するとなるとそれなりのリスクが付きまといます。例えば家賃の押し倒しやトラブルなどがあります。家賃の押し倒しとは社員が何らかの事情で家賃を払いきれなくなる状況が発生した時の家賃回収ができなくなるリスクです。様々な理由があるでしょうが、無いとも言い切れないのが現状です。実際に家賃回収率が低い社宅運用を行っている企業も存在しています。社宅はそもそも社員に低価格で住居を与える事を目的としており、企業側が負担する部分が元から存在します。しかしこれに家賃回収ができなくなるとなれば負担は更に嵩む一方で、リスクマネジメント不足となるでしょう。こういった状況を回避するために存在するのが社宅管理代行業者の活用です。社宅管理代行業者を利用すればこういったリスクを全て業者に任せることが出来ます。言葉は悪いですがリスクをなるべくゼロにするためには丸投げしたほうが良い場合もあり、ノウハウを持った業者にまるなげすることは実は非常に賢い選択とも言えるでしょう。家賃の押し倒し以外でも社宅で起きたトラブルの対応なども全て任せることができます。住んでいれば様々なトラブルが起き、例えば隣人同士の喧嘩や水漏れ、災害による劣化などもあります。これらの対応をノウハウのない企業が行なうとなると大きな痛手を喰らいます。また社宅の建物自体の劣化などの対応も随時対応することになり、キリが無くなります。社宅管理代行業者はこういった全ての事を対応することが出来る特徴があり、業者に依頼するだけの魅力を持っています。企業側は勿論業者利用に料金を支払う必要がありますが、利用しても採算がとれる程、社宅を自社運用するのは難しいといえるでしょう。社宅管理代行を利用する時は勿論業者選びをすることになり、比較も大事になってきます。比較には社宅管理代行業者比較サイトなどが非常に便利で、特長やメリット、デメリットを一気にチェックすることが出来ます。

比較で無駄削減

building

社宅管理代行業者を活用することで社宅運用管理の無駄を省くことが出来ます。ノウハウを持った業者に依頼することで企業側の管理リスクを減らすこともでき、運用の最適化が可能になります。

Read More